メロンパン メロンパンレシピ メロンパンの作り方

毎日食べたいパン屋さんのレシピ

毎日食べたいパン屋さんのレシピ
メロンパンレシピ>TOP

        メ ロ ン パ ン <10個分の材料>
-発酵種- -ビスケット生地- 
A 強力粉------175g 無塩バター---25g
上白糖-------25g  上白糖------60g
生イースト-----8g 全卵 -------40g
ぬるま湯----115g 水----------10g
*インスタントドライイースト
  使用の場合
----4g
ラム酒-------3g
薄力粉-----120g
---------本生地----------
B 強力粉------50g 水----------25g
薄力粉------25g 全卵--------25g
塩-----------3g ショートニング-12g
上白糖------45g  トッピング  
脱脂粉乳----12g チョコチップ・グラニュー糖
 
 
 
 皮がサクサクしたメロンパンレシピです。チョコチップ入り
 とノーマルなメロンパンはお子様にも人気です。フカフカ、
 ふんわりの昔懐かしいメロンパンを作りました。




-----          メロンパンの作り方         -----



 ビスケット生地を作る
パン作りの基本@
パン作りの基本のコツ!
|
|
|
|
@ボウルに無塩バターと上白糖を入れてよくまぜる。
Aの材料を@に少しずつ加えてまぜ込む。
B薄力粉を一度に加えてサックリまぜる。
C
10個に分割し、丸めて約60分ベンチタイムをとる。



あらかじめ無塩バターは室温に戻しておく。上白糖の粒が見えなくなる位を目標にまぜる。
 事前の作業(発酵種をつくる)
@
|
|
|
|
 生イーストをとかす(生イーストならAへ)
生イーストは水115gの中の50tを使って溶かしておく。
ドライイーストを使用する場合はÅ 粉類といっしょにまぜる。
イースト菌の種類
A
|
|
|
|
 材料をまぜる
ボウルにの粉類を入れ、生イーストと残りの水を
加えてまぜる。(ドライイースト使用はここで加える)

                      
      




ここではまぜて、ひとかたまりになる程度でこねなくてよい。
こね具合のランク(A)
B
|
|
|
|
 発酵させる
生地を丸めてボウルに入れ27℃で約2時間、発酵
させる(生地温度24℃前後)約3倍にふくらむ。





ボウルにはショートニングをうすく塗っておく。
発酵の方法
 本生地をつくる
C
|
|
|
|
 材料をまぜる
ボウルにBの粉類を入れてよくまぜる。別のボウルに
水・全卵をまぜ合わせてからBの粉類に加えてまぜ合
わせる。

D
|
|
|
||
 こねる(発酵種とショートニングを加える)
発酵種を3等分し、@の生地に1個ずつ加えてこねて
いく。粘りが出てきたらショートニングを加え、光沢が
出るまでこねていく。


手ごねの方法
こね具合のランク(D)
E
|
|
|

 発酵させる
生地を丸めてボウルに入れ30℃で約30分発酵させる。
約2倍にふくらむ。


ボウルにはショートニングをうすく塗っておく。
発酵の方法
ガス抜きの方法
F
|
|
|
|
 分割してベンチタイム
生地を10等分して軽く丸めベンチタイムをとる。
(約15分)





丸めた生地はとじ目を下にしてベンチタイムをとる。

分割・ベンチタイム
G
|
|
|
|

 成形
生地を丸め直し、少し平らに押さえ、同じ平らにした
ビスケット生地の上にのせて軽く押さえる。生地が
はがれないように生地のまわりを指でつまんでおき
軽く丸めておく。



とじ目が中に入るように生地を重ねる。チョコチップを入れる場合は生地の間に20粒程はさむ。
H
|
|
|
|
 トッピング
軽く霧吹きして表面にグラニュー糖をまぶす。スケッ
パーやカードを使って表面に模様をつける。


グラニュー糖はお皿に入れ生地を軽く押しつける。
I
|
|
|
|

 最終発酵(ホイロ)
35℃で約50分発酵。この時、乾燥した場所で発酵
させる。


オーブンを170℃に設定する。(オーブンの扉を開けると庫内の温度が下がるので少し高く設定する)。

最終発酵(ホイロ)
J
|
|
|
|
 焼き上げ
オーブンを160℃に設定変更し、約12分焼く。


パンを白く焼き上げるため少し低めの温度で設定している。
焼成の方法
K
|
|
|
|
 出来上がり!!
パンの小麦粉
ベーカーズパーセント
手作り発酵器
その他の材料
パンの失敗 Q&A
    (ソフト系のパン)


-----                ----- 



パンの製法について
ストレート法: 材料の計量〜こね〜成形〜焼き上げを一回の作業で行うこと。
発酵種法: 事前に発酵まで生地を作っておき本生地の材料とまぜ合せて作る方法。発酵器による発酵と一晩冷蔵庫内で発酵させる方法がある。
                         パンの製法
その他
イーストについて: 生イーストを使う場合、分量の水の中から50ccをとり生イーストを溶かしておく.。
調整水について 水は全部一度に入れると生地が柔らかくなり、こねるときにベタベタしてとても扱いにくいときがあります。そのままこねているとまとまってきますが、最初に大さじ1〜2杯ほどの水をとっておいて、こねながら様子を見て加えていきます



-PR-



簡単そうだけど奥が深いパン作り。うまくいかないときはココをチェック!パンこねの方法〜発酵〜焼きの手順まで。美味しく焼ける答えがあるかも知れません。。
パン作りの基本@
手作り大好きさんのHP。手作り石鹸、ルームシューズ、ガーデニング゙など楽しみながら生活を豊かにしちゃいます。スポンジケーキはお店のケーキのようにフワフワに焼けますっ。
Happy◇幸せ◇レシピ
電子レンジ・オーブン、蒸し器を使って和菓子を作ります。季節の和菓子をお楽しみください!
簡単!手作り和菓子

-PR-



 


HOME

    Copyright (C) 毎日食べたいパン屋さんのレシピAll Rights Reserved